介護施設向け研修について

当社独自のノウハウにて

当社は、GRPで介護の資格を取れる学校、介護施設を運営することにより 介護職に特化をした独自のノウハウを持っております。
最近、お取引先の施設様からスタッフ様の教育でたくさんご相談を頂いていたので 当社のノウハウを余すことなくお伝えをしたい為、介護施設向け研修を始めさせていただくことになりました。
どういった相談内容が多いのかというと、やはり人材育成でした。
今までは、働くために資格を取りに行き、施設で雇用というのが普通でしたが 実際は、スタッフ様の意見は、業務が忙しく、時間も作れず、勉強する時間がない為、成長が出来ない・・・・・ 施設・会社の意見は、シフト制で全員を集めて研修ができない、資料を作成する人と暇がない、会社にきちんとしたルールがない・・・ などが、多くあげられていました。
今回、当社では「OJT」と「Off-JT」を用いた研修を行います。

OJTとは?

OJT(On the Job Training)とは、現場での業務を通じて 例えば上司が部下に、例えばベテラン社員が新入社員に 教育指導を行うことをOJTと言われております。 その会社で求めているスキルを、実践を通じて経験ができるため、実務能力を 早期に向上させることができます。 --------OJTのメリット------- 1. 外部講師等を雇う必要がないためコストが安いです。 2. 労働時間内に業務を行いながらできます。 3. 従業員の習熟度に応じて柔軟に対応できます。 4. 身に着くまで何度でもできます。 5. 教える側のスキルも向上します。 6. 社内コミュニケーションが活発になります。

Off-JTとは?

Off-JT(Off the Job Training)とは、現場の業務から離れて 社内の勉強会や外部セミナーへの参加等を行うことです。
-----Off-JTのメリット-----
1. 専門的な知識を、しっかり予定を立てて習得することができます。
2. 大人数に同時に指導することができます。
3. 社内にはない、ノウハウを得ることができます。
4. 現場をはなれているため、教育訓練に専念できます。

どうしたらいいのか?研修したほうがいいのか?

正直申し上げますと、自社で既に研修等を行っており 問題ないという事であればどちらも必要ありません。
ですが、本来は定期的・日常的にOJTを実施しながら、年間を通じて計画的にOff-JTを行うことで、メリハリのある 教育訓練を行うことができ、更に自社のブランドを維持するためには間違いなく必要と思います。
経営者様が、自身・自社従業員を育てようという、意欲・意識がないと何も始まりません。 OJTとOff-JTの充実している会社の従業員は、自ら積極的にスキルアップを行おう(自己啓発)としますので、良い循環が生まれます。 また、経営者自身が積極的に勉強しようという姿勢をみせて、従業員の模範となってください。
弊社でお手伝い出来ることは、すべてサポートさせて頂きます。

お問い合わせ

お電話はこちら

10:00~18:00

メールはこちら

24時間受け付け